予防歯科

健康な歯を守るために~予防歯科のご案内~

健康な歯を守るために~予防歯科のご案内~

「歯医者は、歯が痛くなったら行くところ」と思っていませんか? 一度虫歯や歯周病になると、たとえ治療を受けて症状が解消されても、歯へのダメージは残ってしまいます。そういったダメージの蓄積は、歯の寿命を確実に短くしていきます。そのため、まずは虫歯や歯周病に「かからない」ことが大切。

五反田・大崎広小路駅近くの歯医者「五反田みとめ歯科」では、患者さんのお口の健康を長期的に守っていくため、充実した予防歯科メニューをご用意しています。

歯の健康を守るには「治療」より「予防」が大切

予防歯科のメリット
お口の病気を未然に防ぐことができる

お口の病気を未然に防ぐことができる

虫歯や歯周病の大きな原因となるのが、お口の中に蓄積したプラーク(歯垢)です。予防処置として行う歯のクリーニングでは、普段のブラッシングで落としきれないプラークまで除去します。そのため、虫歯・歯周病などのお口の病気を未然に防ぐことができます。

早期発見・早期治療につながる

早期発見・早期治療につながる

歯科医院で定期検診を受けると、痛みなどの自覚症状が出ていない段階のお口の病気を発見できます。初期段階なら簡単な治療で済むことが多く、歯へのダメージを最小限に抑えることにつながります。

「痛み」を避けられる

「痛み」を避けられる

予防歯科メニューで行う処置には痛みはありません。しかも、予防処置や定期検診によって早期発見・早期治療を実現できれば、虫歯の痛みも経験せずに済みます。

治療費を抑えることができる

治療費を抑えることができる

お口の病気が悪化して複雑な治療が必要になれば、それだけ治療費も高額になってしまいます。また、治療の期間が長くなってしまう可能性も。予防・早期治療に取り組むことは、治療費を抑えたり、治療期間を短くしたりすることにもつながります。

日本と海外の予防意識の違い

とても残念なことですが、日本ではまだ「歯医者は、痛くなったら行くところ」と考える方が多いようです。世界的に見れば、日本は歯科後進国。海外の歯科先進国と比較すると、以下のように大きな差があることがわかります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

国名

スウェーデン

スウェーデン

アメリカ

アメリカ

イギリス

イギリス

日本

日本
定期検診の習慣がある人の割合 90% 80% 70% 2%
80歳で残存している歯の平均本数 20本 17本 15本 8本

定期検診に通う習慣は、歯の寿命に大きく影響します。大切な歯を守るため、「痛くなったら行くところ」ではなく「予防のために通うところ」と、歯医者に対する意識を変えていきましょう。

当院の予防歯科メニュー

PMTC

PMTC

歯科衛生士が行う、専門的な歯のクリーニングです。専用器具を使って、普段のブラッシングでは取り除けない汚れを除去するため、処置後はお口がスッキリ。口臭や黄ばみの解消効果も期待できます。

スケーリング

スケーリング

プラークが石灰化した歯石は、通常のブラッシングでは落とせません。スケーリングでは専用器具を使って歯石を除去し、虫歯・歯周病の予防につなげます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

患者さんお一人おひとりの口腔内の状態・ブラッシングの癖などを踏まえ、適切なブラッシング方法や注意点をお伝えします。

プラークの染め出し

プラークの染め出し

染め出し液を使って、お口の中のプラークを染め出します。これによってブラッシングが行き届いていない箇所がわかります。