義歯・入れ歯治療

「合わない」「痛い」入れ歯の悩みを我慢していませんか?~入れ歯治療のご案内~

「合わない」「痛い」入れ歯の悩みを我慢していませんか?~入れ歯治療のご案内~

「痛い」「咬みにくい」などのお悩みを抱えながら、合わない入れ歯を我慢して使っていませんか? 五反田・大崎広小路駅近くの歯医者「五反田みとめ歯科」では、お口に合った高精度な入れ歯をご提供し、患者さんの入れ歯のお悩み解消をサポートしています。

補綴出身の院長が患者さんのご要望を踏まえて最適な治療プランをご提案いたしますので、「痛い」「咬みにくい」「合わない」などのお悩みは、ぜひお早めにご相談ください。

こちらのページでは、当院の入れ歯治療メニューや保険と自費の違いを紹介しています。

お口に合った入れ歯をお作りします

入れ歯にしてみたけれど、こんなはずではなかった…

「最初はぴったりだったのに……」入れ歯が合わなくなるのはなぜ?

入れ歯にしてみたけれど「食べたいものが食べられない」「痛い」「すぐに外れてしまう」など、望み通りの結果が出ていない時、入れ歯そのもの、または今のお口の中に問題があるかもしれません。なんでも美味しく食べられるようにするために、入れ歯そのものだけでなく、お口の中全体のことを考えた治療をすすめていくと有効です。

また「作った時はピッタリだったのに今は…」という方もいるかと思います。からだが痩せたり太ったりするようにお口の中も変化して合わなくなる、あるいは長く使用することで噛み合わせが少しづつ変化して違和感につながることもあります。

入れ歯を快適、安心に使い続けるためには、定期的にチェックし、必要に応じて調整を行うことが大切です。 痛みや違和感、不便さを感じたら、我慢せずに歯科医院でチェックを受けましょう。

インプラントに抵抗ある方へ

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

保険診療と自費診療では、使用できる入れ歯の種類・特徴が異なります。「なるべく費用を抑えたい」「とにかく丈夫なものを」「おいしく食べたい」など、患者さんのご要望やライフスタイルに合った入れ歯を選ぶことが大切です。まずは、どのような違いがあるのかを知っておきましょう。

  保険診療 自費診療
  保険診療 自費診療
素材 使用できる素材はレジン(歯科用プラスチック)のみとなります。部分入れ歯では金属製のバネを使って固定します。 金属・セラミック・特殊なプラスチックといった、数多くの種類から素材を選ぶことができます。
費用 比較的安価 比較的高額
作製期間 比較的短期間 比較的長期間
強度 自費診療のものにくらべて強度は劣りますが、修理しやすいという特長があります。 強度は非常に高いですが、入れ歯の種類によっては修理が難しい場合もあります。
熱の伝わり方 床部分をある程度厚く作るため、熱があまり伝わりません。 熱が伝わりやすい素材を使用したり、床部分を薄く作って熱を伝わりやすくしたりすることができます。
見た目 少し不自然に見える可能性があります。 より自然な見た目を得ることができます。
装着感 厚み・大きさがあるため、装着時に違和感を伴うことがあります。 装着感にこだわった入れ歯をつくることができます。
取り扱い入れ歯
レジン床
レジン床 床部分の素材にレジンを使用した入れ歯です。総入れ歯・部分入れ歯の両方があります。
費用
保険診療
メリット デメリット
  • 比較的安価に作製できる
  • 作製期間が短い
  • 修理が容易
  • 床部分が厚くなるため、使用感・咬み心地がやや劣る
  • 耐久性が低い
コーヌスクローネ
コーヌスクローネ 金属製の土台(内冠)を残っている歯に取り付け、そこにはまる被せ物(クラウン)で構成された入れ歯です。
費用
自費診療
メリット デメリット
  • 金属バネを使用しないため、目立ちにくい
  • 耐久性が高い
  • 適応できない場合がある
  • 支えとなる歯を削る必要がある
金属床
マグネットデンチャー 床部分を金属素材で作る入れ歯です。
費用
自費診療
メリット デメリット
  • 床部分を薄く作ることができるため軽い
  • 熱が伝わりやすい
  • 耐久性が高い
  • 汚れが付着しにくい
  • 金属アレルギーのリスクが伴う
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 入れ歯・残っている歯根に磁石を埋め込み、その磁力で固定する入れ歯です。
費用
自費診療
メリット デメリット
  • 周囲の歯に負担がかかりにくい
  • 見た目が自然で目立ちにくい
  • 神経を取った歯にしか磁石を埋め込むことができない
  • 金属アレルギーのリスクが伴う
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 歯茎にあたる部分に樹脂素材を使用した、金属バネがない部分入れ歯です。
費用
自費診療
メリット デメリット
  • 金属バネを使用しないため、目立ちにくい
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 経年による変色のリスクがある
  • 温度変化に弱い
  • 熱が伝わりにくい
入れ歯はお手入れが重要です

入れ歯はお手入れが重要です

快適・安全に入れ歯を使用するためには、日々のお手入れが欠かせません。夜は外して洗浄剤に浸けておきましょう。ただし精密な維持装置を使用したテレスコープデンチャーの場合は、夜間の装着を推奨することもあります。普段のお手入れでは、水と歯ブラシで汚れを洗い流します。入れ歯を傷つけてしまう可能性があるため、歯磨き粉の使用は避けましょう。
ただし、高齢の方の場合は就寝時に入れ歯を外すと、食いしばれないため体が安定しないことがあります。装着したまま就寝を推奨する場合があります。

入れ歯はお手入れが重要です

さらに、このような日々のケアに加えて、歯科医院での定期検診・メインテナンスを受けることも重要です。咬むことによる入れ歯の摩耗やお口の中の変化によって、入れ歯の調整が必要になることもあります。特に異常がない場合でも年2~3回は定期検診を受け、入れ歯やお口の状態をチェックすることをおすすめします。

最善の治療をご提案するために~医療連携について~

最善の治療をご提案するために~医療連携について~

当院では快適に、そして安全に咬める入れ歯治療をご提案していますが、症例によっては、インプラント治療をお勧めすることがあります。五反田みとめ歯科では、インプラント治療をご希望の患者さんの連携医院へのご紹介を行っています。まずは当院で検査・診断を行い、その上で信頼できる連携クリニックへご紹介しますので、安心してご相談ください。