一般歯科

「痛い」「しみる」虫歯かな? と思ったら~一般歯科治療~

「痛い」「しみる」虫歯かな? と思ったら~一般歯科治療~

歯が痛い・しみると感じたら、それは虫歯かもしれません。虫歯は早期発見・早期治療が肝心です。なるべく早く治療をはじめることができれば、歯へのダメージを軽減することができます。ぜひお早めにご相談ください。「五反田みとめ歯科」は、9時30分から19時まで診療。お昼休みの時間帯も診療を行っている、通いやすい歯医者です。

こちらでは、当院の一般歯科治療について詳しくご案内します。

痛いと感じたら虫歯は進行しています

虫歯の原因

虫歯の原因

食事を摂ったあと、お口の中は酸性に傾きます。口腔内が酸性に傾くと、歯のカルシウムなどのミネラル分が溶け出す現象が起こり、これを「脱灰(だっかい)」と呼びます。
通常は、唾液の働きによってその後口腔内が中和され、ミネラル分が歯に戻る「再石灰化」が起こります。これが、口腔内環境が健康に保たれる仕組み。しかし、この仕組みが以下のような原因によって乱れると口腔内環境を健康に保つことができなくなり、虫歯になってしまいます。

プラーク 糖分
プラーク 糖分
お口の中にプラーク(歯垢)が溜まると、その中で虫歯菌が増えてしまいます。 お口の中の虫歯菌は、糖分を栄養として酸を排出。この酸が歯を溶かして、虫歯となります。糖分が口腔内に長くとどまっていると、口腔内はより酸性に傾きやすくなり、虫歯菌が増える原因にもなります。
時間の経過 歯質
時間の経過 歯質
お口の中が酸性に傾いたまま長時間放置していると、歯の再石灰化が追いつかなくなってしまい、その結果虫歯につながります。 虫歯ができやすいかどうかには、生まれ持った歯質も関係します。歯質が弱い人は虫歯になりやすい傾向があるため、より注意が必要です。
麻酔時の痛みがご不安な方へ

麻酔時の痛みがご不安な方へ

麻酔時の痛みが苦手な患者さんはたくさんおられます。当院では、そんな患者さんのご負担を少しでも軽減するために、電動麻酔器を導入。一定のスピードで麻酔液を注入することにより、麻酔時の痛みを感じにくくしています。また、麻酔液をもっとも痛みが少ない温度まで温めることで、より痛みを軽減。

麻酔時の痛みがご不安な方へ

さらに、痛みを感じにくい箇所に麻酔注射を打つなど、状況に応じて痛み軽減のための工夫をしますので、安心してご来院ください。

虫歯の進行段階と治療法

※表は左右にスクロールして確認することができます。

進行段階 イメージ 症状 治療法
C0:ごく初期の虫歯 C0:ごく初期の虫歯 歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめ、虫歯部分は白く濁って見えます。まだ自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布を行うことにより、進行しない可能性があります。
C1:エナメル質の虫歯 C1:エナメル質の虫歯 エナメル質がさらに溶け、虫歯部分が茶色く見えるようになります。まだ痛みなどの自覚症状はありません。 虫歯部分を削り、レジンを詰めて補います。
C2:象牙質の虫歯 C2:象牙質の虫歯 歯の象牙質(内側部分)まで虫歯が進み、虫歯部分が黒ずんで見えるようになります。甘いもの・冷たいものがしみるといった自覚症状が出はじめます。 虫歯部分を削り、詰め物や被せ物で補います。
C3:神経まで達した虫歯 C3:神経まで達した虫歯 歯の神経まで虫歯が進み、何もしなくてもズキズキ痛むといった症状があります。 虫歯菌におかされた神経を取り除き、根管の内部を消毒。その後薬剤を詰めて被せ物を装着する、根管治療を行います。
C4:歯根まで達した虫歯 C4:歯根まで達した虫歯 歯冠部分までほぼ溶けてしまった状態。神経が死ぬと一旦痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び激しい痛みが出ます。 この段階まで進行すると、抜歯しなくてはなりません。抜歯後は、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどの補綴治療で歯の機能を回復します。
虫歯を放置するリスク

虫歯を放置するリスク

虫歯の初期段階では、自覚症状がないケースが多いと言えます。しかし、そのまま放置していれば、エナメル質、象牙質、歯の神経へと、だんだん虫歯が進んでいきます。

神経まで虫歯が達した場合には、根管治療が必要です。根管治療を行うことなくさらに放置すると、歯の大部分が溶けてなくなってしまいます。ここまで虫歯が進めば、もはや根管治療を行うこともできず、残された選択肢は抜歯のみということに。そうなる前に、早めに治療を行うことが大切です。