歯周病治療

歯がグラグラ・口臭が気になる~歯周病治療のご案内~

歯がグラグラ・口臭が気になる~歯周病治療のご案内~

歯周病は誰もがかかる可能性のある、とてもポピュラーなお口の病気です。現在、日本人の成人の約8割が歯周病、またはその予備軍であると言われています。そして、歯周病は放置すると歯を失う原因にもなる怖い病気。歯茎の腫れ・グラつき・口臭といった症状があれば、歯周病かもしれません。早めに治療をはじめて、お口の健康を守りましょう。

こちらでは、五反田みとめ歯科の歯周病治療について詳しくご紹介します。

歯周病は歯を失う原因第一位です

歯周病は全身にも影響を与える病気です

歯周病は全身にも影響を与える病気です

歯周病は「歯が抜け落ちるお口の病気」として知られていますが、実はその影響はお口の中だけにとどまりません。歯周病菌が血液を介して全身へ運ばれると、以下のような全身疾患のリスクがあります。歯周病を早期治療・予防することは、全身の健康にもつながることを知っておきましょう。

  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 心臓疾患
  • 動脈硬化
  • (妊婦の場合)早産、低体重児出産など
歯周病の進行段階

段階:1 歯肉炎

段階:1

歯の根元にプラークが溜まることにより、歯茎の炎症が起こりはじめている状態です。ブラッシングの際に出血するといった症状が見られます。

段階:2 軽度歯周炎

段階:2

歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)が深くなって、炎症が強くなっている状態。炎症が増すと、顎の骨が溶けはじめます。この段階になると、歯茎が下がって歯が長くなったように感じる、歯のグラつき、口臭が気になるといった自覚症状が出てきます。

段階:3 重度歯周炎

段階:3

さらに歯周ポケットが深くなり、顎の骨が半分以上溶けてしまった状態です。歯茎からは膿が出るようになり、歯のグラつき・口臭もより強くなっていきます。そのまま放置すると、最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

当院の歯周病治療

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯周病の予防・治療では、患者さんご自身による正しいブラッシングの継続が欠かせません。当院の歯周病治療では、患者さんお一人おひとりのお口の状態に合わせ、正しいブラッシングの方法・注意点をお伝えしています。

スケーリング

スケーリング

スケーラーと呼ばれる専用器具を使用して、ブラッシングだけでは取り除くことができないプラーク・歯石を除去します。比較的軽度な症状の歯周病に対して行う処置です。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングでは取り除くことができない歯周ポケットの奥のプラーク・歯石を、キュレットと呼ばれる専用器具を使って除去します。その後、仕上げとして歯の表面をツルツルに磨き上げ、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

局所麻酔をした上で、歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石、膿、歯周病菌におかされた組織を除去する外科処置です。主に、軽度~中等度の歯周炎に対して行います。

フラップ手術

フラップ手術

局所麻酔をした上で歯茎を切開し、歯根を露出させて付着しているプラーク・歯石、感染した組織を除去する外科的処置です。中等度以上の歯周炎に対して行います。