審美治療・ホワイトニング

白く輝く、美しい歯へ~審美治療・ホワイトニングのご案内~

白く輝く、美しい歯へ~審美治療・ホワイトニングのご案内~

美しく輝く白い歯は、お顔の印象を明るく、素敵にしてくれます。銀歯の見た目や歯の着色・汚れが気になっている方は、セラミックを使用した審美治療やホワイトニングでお悩みを解消しませんか?

9時30分から19時まで診療、お昼休みの時間帯も診療を行っている通いやすい歯医者「五反田みとめ歯科」では、お口の見た目のお悩みを解消する審美治療・ホワイトニングメニューをご提供しています。メニューの詳細は、こちらのページをご覧ください。

見た目の美しさと機能性の両方を追求する審美治療

セラミック治療のメリット

セラミック治療のメリット

保険診療で虫歯治療を行う場合、歯を削った部分を補うために金属素材を使用します。このいわゆる「銀歯」が白い歯列の中で目立ってしまい、見た目のことで悩まれる方は少なくありません。また、銀歯から溶け出した金属イオンが体内に取り込まれることで、金属アレルギーを引き起こすリスクもあります。

このような金属素材を使用するデメリットを解消できるのが、セラミック素材による審美治療治療です。セラミック治療は見た目だけでなく、機能面に関してもより快適さを追求できる治療。セラミックを用いた審美治療治療には、以下のようなさまざまなメリットがあります。

見た目が良くなる セラミック素材なら色調・透明感の調整が可能。天然歯に近い自然な見た目を実現できます。
金属アレルギーのリスクがない 生体親和性が高いセラミック素材を使用するため、アレルギーの心配がありません。金属をまったく使用しないセラミックのみの治療なら、金属アレルギーのリスクもありません。
歯茎が黒ずむ心配がない 銀歯から溶け出した金属イオンが付着すると、歯茎が黒ずんでしまいます。金属を使用しないセラミック治療では、歯茎が黒ずむことはありません。
虫歯リスクの低減 セラミック素材は歯質と正確に接着できるため、隙間ができにくく、虫歯リスクの低減につながります。
当院の審美治療メニュー

メタルセラミッククラウン

メタルボンド

金属で作られたフレームにセラミックを焼きつけた素材で、セラミックの自然な透明感と、金属の高い強度を兼ね備えています。耐久性は高いですが、PFZ、e-maxほどの透明感は得られにくいため、奥歯の治療に適しています。

オールセラミッククラウン(PFZ)

ジルコニア

優れた強度を持つ素材で、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれています。金属アレルギーのリスクもありません。また、天然歯に近い自然な色調・透明感を得ることができます。

e-max

e-max

すべてセラミックでできた素材で、金属アレルギーのリスクはありません。透明感があり、周囲の天然歯に合わせて色調を調整できることが大きな特徴。摩耗・変色の心配もありません。ただし、硬い素材のため咬み合う歯を傷つけるリスクがあります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミック素材と歯科用プラスチック(レジン)を混ぜ合わせて作る素材。オールセラミックと比較すると少しやわらかいため、咬み合う歯を傷つけてしまう心配がありません。ただし、見た目はオールセラミックよりやや劣り、変色の可能性があります。金属アレルギーのリスクはありません。

ゴールド

ゴールド

プラチナと金合金を配合した素材で、安定した精度と身体への影響か非常に少ないことが大きな特徴です。金属製のため見た目は目立ちますが、耐久性に優れているため奥歯の治療に適しています。

ファイバーコア

ファイバーコア

人工歯を装着する際に、その土台となる部分をコアと言います。このコアには通常金属を使用しますが、ファイバーコアではグラスファイバーの芯を使用。天然歯と同様のしなやかさがあるため、歯根がダメージを受けにくいというメリットがあります。また、グラスファイバーには透過性があり、セラミックの人工歯の色調がキレイに出るという特長もあります。

削らずに歯を白く~ホワイトニング~

削らずに歯を白く~ホワイトニング~

当院のホワイトニングメニュー

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

患者さんご自身で、お好きな場所・時間にホワイトニングを行っていただくメニューです。当院にて、まずは患者さんお一人おひとりのお口に合わせてマウストレイを作成。あとはご自宅などでそのマウストレイに低濃度の薬剤を充填し、一定時間装着することで歯を白くしていきます。効果が得られるまでにはある程度の期間が必要ですが、色の後戻りが起きにくいというメリットがあります。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングをご希望の方は、以下の注意点をご承知ください。より詳しくホワイトニングメニューや注意点についてお知りになりたい場合は、お気軽に当院までお問い合わせください。

注意点:1 ホワイトニングによって得られる効果には個人差があります。
注意点:2 虫歯・歯周病などのお口の病気がある場合には、そちらの治療を優先して行います。
注意点:3 ホワイトニング処置を行う前には、丁寧なブラッシングで歯をキレイにしておきましょう。
注意点:4 ホワイトニング処置によって知覚過敏の症状が出る場合があります。