精度の高い根管治療と修復治療の成功率

精度の高い根管治療と修復治療を受ける事で再治療率を下げる事ができます

根管治療が終わっても治療は終わりではありません


 日頃より五反田みとめ歯科をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 
当院では根管治療に力を入れており、幸いな事に、他院での根管治療で思うように治らなかったケースも、当院で症状が治まり、喜んでいただけるケースが多くあります。
 
しかし根管治療が終わっても、歯の治療は決して終わりではありません。
 根管治療はあくまで歯根の中のみの処置であり、その後に修復治療と呼ばれる歯の形を回復する治療が必要になります。いわゆる被せ物や詰め物の治療です。

治療の成功率

歯の治癒は、根管治療と修復治療のそれぞれの精度によって成功率が決まります。 今回は、それらを比較した研究のデータをご紹介いたします。
 
 
 
根管治療、修復治療が 
①ともに優れている場合        91.4% 
②根管治療のみが優れている場合    44.1% 
③修復治療のみが優れている場合    67.6% 
④どちらも優れていない場合      18.1%
 
 
 
治療の成功率が、根管治療、修復治療がともに優れている場合は91.4%、どちらも優れていない場合は18.1%という結果からも、そこにかなり大きな差があるという事が分かります。(Ray and Trope, International Endodontic Journal,1995)
 

 ②と③の成功率は、根管治療と修復治療とではどちらが歯の治癒に関わるかを表す項目になります。この1995年の研究では修復治療の精度の方が治療の成功率により関わる、という結果ですが、同様の趣旨(根管治療と修復治療の成功率)の1995〜2008年の7つの研究結果を比較した研究によれば、根管治療と修復治療の成功率に与える影響はほぼ等しい(Gillen et al, JOE 2011)とされており、どちらかだけをちゃんとやれば良い、ということではないことが統計的にも言えます。

つまり、根管治療を伴う歯の治療の成功率を上げるには ・精度の高い根管治療 ・精度の高い修復治療 共に必要であり、重要であるということが言えます。
 
成功率が上がれば、再治療率も下がるため、すなわち、口腔内の健康を長く保つことができるようになる、という事です。

五反田みとめ歯科がご提供する精度の高い治療

先に記したデータから、精度の高い根管治療と修復治療の両方を行う事は成功率を上げ再治療率を下げるという事がお分かり頂けたと思います。
 
当院がご提供する精度の高い治療、使用する材料や環境は、以下の通りです。
 
 
①歯科医師、歯科衛生士共に、マイクロスコープ(最大視野20倍)もしくはルーペ(最大視野8倍)を使用した拡大治療
ラバーダム防湿を用いた治療
③使用する専用器具の徹底した滅菌及び消毒を行える、安心・安全な診療環境
ニッケルチタンファイルを使用した治療(根管治療時)
 
 
上記に加え、院長がマイクロスコープを使って治療する際は、自動的に治療中の様子を録画するマイクロレコーダーを導入しており、治療後は、治療中の様子や歯の状態を患者さんご自身にも確認して頂きながら治療説明をお聞き頂けます。
※詳細→マイクロレコーダーを導入しました
 
このような治療をご提供する事で、私たちは長期にわたり患者さんの口腔内の健康を保てるお手伝いをしております。
 
 

お悩みの方は是非一度ご相談下さい

五反田みとめ歯科では、常に誠実で丁寧な治療をご提供できるよう、設備や材料を整える事はもちろんの事、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手全てのスタッフが研鑽を積んでおります。 
※スタッフ研修詳細→勉強会を定期的に開催しています
 
精度の高い根管治療、修復治療をお考えの方は是非一度ご相談下さい。
 
ご予約はWEB03-6420-0341にて、ご質問やご相談はこちらからも可能です。
 
ご予約、ご来院、お待ちしております。
 
 
五反田みとめ歯科 院長 三留

一覧に戻る

初めて受診される方

問診票ダウンロードはこちら

問診票をご記入後、持参していただくと受付がスムーズとなります。
お急ぎの場合等、予めご記入していただくことでお待たせするお時間が短縮する事が可能です。是非ご活用ください。