勤務医、歯科衛生士も拡大鏡を使用しています

拡大治療のメリット

日頃より、五反田みとめ歯科をご愛顧頂き、ありがとうございます。
 
当院では、全ての治療は拡大視野下で行っておりますが、それは常勤歯科医師、常勤歯科衛生士も例外ではありません。
今回は、拡大鏡治療のメリットをご紹介致します。
 
 

歯科医師

当院では院長の三留がSurgiTel社(サージテル)製品、8倍のルーペを、勤務医の吉田がCarl Zeiss社(カールツァイス)製品の3.5倍のルーペ(メーカーによって倍率記載が異なる為、倍率をSurgiTel社に合わせると6倍程度に相当します)を使用しています。
 
更に院長の三留は最高倍率20倍のマイクロスコープも使用しており、根管治療や自費治療、その他必要な治療に使用しております。マイクロスコープ治療の詳細はこちらからご覧頂けます。
 
ルーペは、マイクロスコープ程の倍率こそありませんが、倍率が低いからこそ、全体が見やすく、機動性に優れているという事が大きなメリットです。
ルーペを使用し、6倍、8倍の視野で治療を行う事は、革命的に治療のクオリティーが上がります。何故なら、覗き込んで頑張って見えるか見えないか、の次元のものが、リラックスした状態で容易に見る事が出来るからです。
どこまで根拠のある話かは分かりませんが、人間の手先の作業精度は、視覚と密接に関連があるという話を聞いた事があり、私自身はその通りだと思っています。
 

歯科衛生士

歯科衛生士の池内も、SurgiTel社(サージテル)製品、8倍のルーペを使用しており、これは院長と全く同じ倍率です。
歯科衛生士がルーペを使用して治療を行う事は、歯科医師同様にとても大事です。
 
何故なら、治療後のメインテナンスは主に歯科衛生士が担当します。だからこそルーペを使用し、いち早く小さなカリエス(虫歯)や歯周病を発見する事で、歯科医師と連携し、クリニック全体で患者さんの口腔内のサポートが出来るからです。
 
日頃患者さんと密接に関わっている歯科衛生士だからこそ、歯科医師と同様に拡大視野下で検診、治療を行う事がとても重要なのです。
 
8倍の視野で行うスケーリング(歯石除去)やSRP(歯肉縁下の歯石除去)等の治療はより精密になりますし、歯肉への侵襲具合等も裸眼に比べ、鮮明にハッキリと確認する事が出来ます。
 
「定期的に検診、クリーニングに来て下されば、小さな虫歯も見逃しません」と、自信を持って患者さんと向き合えるのは、SurgiTel社製品、8倍のルーペを使っているからこそと言えます。
 
当院の、歯科衛生士による予防歯科と定期検診の重要性はこちらで詳しくご説明していますので、ご覧下さい。
※写真掲載許可は患者さんより頂いております
 
 

是非ご相談下さい

毎日ではないけれど、なんとなく痛い、違和感を感じる。
でも自分では分からないし、見えない。という方は実はとても多いのではないかと思います。
 
口腔内に違和感や痛み、何かお悩みをお抱えの方、是非一度当院までご相談下さい。
 
 
ご予約はWEB03-6420-0341にて、ご質問はこちらからも可能です。
 
ご予約、ご来院、お待ちしております。
 
 
五反田みとめ歯科 院長 三留

一覧に戻る

初めて受診される方

問診票ダウンロードはこちら

問診票をご記入後、持参していただくと受付がスムーズとなります。
お急ぎの場合等、予めご記入していただくことでお待たせするお時間が短縮する事が可能です。是非ご活用ください。