事故による前歯の破損症例

ダイレクトボンディングよる前歯治療

前歯治療が難しい理由

日頃より五反田みとめ歯科をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 
ここ最近、「上顎の前歯治療」に関するお問い合わせを多く頂くようになりました。そこで今回は、前歯治療に関する症例を一つご紹介致します。
 
前歯、特に上の前歯は歯の中で一番目立つ部分です。それ故、特に治療が難しく、とても神経も使います。
 
難しい理由は以下の通りです。
①中切歯(中央2本の前歯のことです)は、長さや形、色が厳密に左右対称でないと見た目の違和感を強く感じやすい
②元々の歯並び、下の歯との噛み合わせなどの都合で上記の条件を満たせない場合、自然に見えるように整えるのが難しい
③治療の対象ではない周りの歯と色を合わせるのが難しい

患者さんデータ

今回いらした患者さんのデータです ※写真含め、掲載許可は患者さんから得ております
 
年齢   30代
性別   女性
原因   転倒による破損
治療箇所 上顎前歯2本(左上 1番目と2番目)
ご希望  被せ物ではなく、ダイレクトボンディング治療
 
治療前の状態
受傷翌日、口唇に擦過傷(すり傷)あり
裂傷(裂けた傷)が無かったため開口の制限はなく、応急処置はスムーズに行えました
 
 

応急処置時と治療完了時の状態

左の写真は当日の応急処置後の状態です。
 
今回の方の場合は事前予約ではなく、急患としての対応だったため、丸で囲まれた部分をご覧頂くとお分かりになるように、境目が出来ています。
また処置時間も十分でなく、材料の確実な接着に必須のラバーダム防湿も行えておりません。更には破折した面の形態を削って整えることも出来なかったため、簡易的な接着操作になっています。
患者さんにも「あくまでも応急処置」とご説明、ご理解頂き、長期的に安定して使用して頂くために別途予約のお時間を頂きました。
 
 
中央の写真は、別途ご予約を頂いた際の治療時、ラバーダム防湿を行っている写真です。
 
 
右の写真は治療完了時の写真です。
 
今回は健康な歯だったという事、患者さんご自身のご希望が被せ物ではなくダイレクトボンディングであった事等、総合的に判断し、ダイレクトボンディングの治療が最適と判断し、治療を行いました。※歯の状態によってはダイレクトボンディングでは対応出来ない場合もあります
 
応急処置から仕上げ磨きまで治療回数は3回、治療時間はダイレクトボンデイング時90分、仕上げ磨き30分で終了致しました。
 
 
 

まずはご相談下さい

前歯は、年齢性別問わず一番目立つ部分です。
それ故、不慮な事故であるなら尚更ショックも大きく、元の状態に戻したいと思われる事と思います。
 
五反田みとめ歯科では、当院で行える最善かつ予後の良い治療をご提案、ご提供致します。前歯治療でお悩みの方、前歯治療を必要とする方はまずは一度ご相談下さい。
 
ご予約はWEB03-6420-0341にて、ご質問はこちらからも可能です。
ご予約、ご来院、お待ちしております。
 
 
五反田みとめ歯科 院長 三留

一覧に戻る

初めて受診される方

問診票ダウンロードはこちら

問診票をご記入後、持参していただくと受付がスムーズとなります。
お急ぎの場合等、予めご記入していただくことでお待たせするお時間が短縮する事が可能です。是非ご活用ください。