担当制で治療を行なっています

当院では担当制で治療を行っています

日頃より五反田みとめ歯科をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 
開業当時より五反田みとめ歯科が大事にしている事は、「患者さんの気持ちに寄り添う歯科医療をご提供する事」です。
 
しっかりとお話を伺い、難しい用語を並べる事なく、わかりやすく丁寧にご説明し、治療方針や価格等ご納得して頂いた上で治療に進んで頂くよう努めております。
 
そのような事もあり、五反田みとめ歯科では、歯科医師、歯科衛生士共に担当制で治療を進めております。
 
今回は、どのように担当が決まるのか、担当制だからこその利点についてご紹介致します。

初診時と初診以降の治療について

=初診時=
勤務医、または歯科衛生士が担当させて頂きます。
初診時は全ての方に対し、その後の治療の為に以下の検査を必ず行います。
 
・問診(事前に伺っている主訴について再度聞き取りを行い、既往歴や服用中の薬の情報も伺います)
・レントゲン撮影
・歯式(虫歯や処置歯の有無等の記録)
・歯周病チェック(歯肉の状態は治療を進める上で非常に重要です)
 
※1初診の方でごく稀に「ここだけ治してくれさえすれば良いから、問診とかレントゲンとか撮らなくて良いですか?」と仰る方がいらっしゃいますが、当院では検査なしで治療を行う事は致しておりませんので、どうぞご了承下さい。
※2初診が急患としてのご来院だった場合は優先すべき検査のみを行い、残りの検査は次回以降に実施する事もございます
 
 
=初診以降の治療=
以下の治療をご希望の場合、初診以降の治療は院長が対応いたします。
 
インプラントご希望の方
 
尚、ホワイトニングに関しましては現在、常勤歯科衛生士の池内のみの対応となります。初診時に対応した歯科衛生士によっては、次回からホワイトニングは担当が変更となります。

利点とご迷惑をおかけする点

=担当制とする利点=
①歯科治療は、患者さんの主な訴えに対して診断を基に治療方針を決め、治療のステップごとに細かな診断と、それに基づく意思決定により治療が行われます。しかし施術者によりそれらの内容は必ずしも一致しない事もあり、その場合、治療に複数の施術者が代わる代わる関わることになると、同じ診断名に対して行う治療でも一貫性に欠く結果になる恐れがあります。そのような事がないよう、一貫した治療をご提供する為に、当院では担当制を導入しております。
しかしながらこれは単独で治療を進めるという事では全くなく、治療内容や治療方針は常にチームとして情報を共有した上で治療を進めています。
 
②カルテには次の治療内容、注意事項等具体的に記載しております。また、急患でいらした際に、別の施術者でも分かるよう出来るだけ詳細に記載はしておりますが、文字の情報からは、次の処置の何に気をつけて、何を目標に治療を行うか等の全てを読み取ることは非常に困難です。
また、ちょっとした患者さんの言動から察知して治療を進める事が出来たり、より患者さんの気持ちに寄り添えたりするのは担当制を導入しているからこその利点だと、考えています。
 
 
=担当制である事でご迷惑をおかけする点=
担当の治療予約が混んでいる場合、予約が取り辛いという点が挙げられますが、キャンセル待ちも可能です。次回予約が先の患者さんに対しては、キャンセルが出た時にはご連絡を差し上げるよう、受付にて対応致しておりますので、何卒ご理解ご協力をお願いいたします。
 
スタッフの出勤日表はこちらからご確認頂けますので、ご予約時には参考になさって下さい。

歯科治療は笑顔を増やすための選択肢

何にいたしましても担当制の導入は、患者さんにより良い医療をご提供したいという想いからの治療方針です。
 
五反田みとめ歯科では、歯科治療は笑顔を増やすための選択肢と捉え、お一人お一人に寄り添った治療をご提案させて頂きます。
 
ご予約はWEB03-6420-0341にて、ご質問はこちらからも可能です。
ご予約、ご来院、お待ちしております。
 
 
五反田みとめ歯科 院長 三留

一覧に戻る

初めて受診される方

問診票ダウンロードはこちら

問診票をご記入後、持参していただくと受付がスムーズとなります。
お急ぎの場合等、予めご記入していただくことでお待たせするお時間が短縮する事が可能です。是非ご活用ください。